読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Desire HDを格安で入手する方法とお得な料金プランの紹介! Hello Desire HD 乞食!!

Android


DHD乞食のみなさんこんにちは!

つい先日にDesire HDが83,520円から23,520円に大幅な値下げがされたため、多くの方が購入検討をしているのではないかと思います。


HTC Desire HD Softbank 001HT 大容量1600mAhバッテリー
SANYOリチウムイオンバッテリー KBC-L54D


しかしいざ購入しようと調べ見たのですが、料金プランが複雑過ぎて実際どうしたらいいのかが全然わかりませんでした。
ということで、その複雑な料金プランの説明も含めて、今回どのような使い方を想定し、どのような料金プランで購入し、どのような店舗で本体を購入すればいいのかをまとめてみようと思います。
今回は、それぞれの料金サービスについての詳細は説明しませんので、各自公式サイトにてお調べください。
といっても複雑怪奇なシステムなので、コメントにて質問いただければわかる範囲で答えさせて頂きます。また間違っているところはご指摘頂けると助かります。



シナリオ

私が知る限りの端末価格情報と契約プランの情報を元に良いと思われるものを、いくつかのシナリオに基づき紹介します。

1. Softbank以外の携帯電話からSoftbankのDesire HDに移行する場合(MNP)
2. 既にSoftbankユーザーだけど、Desire HDに移行する場合 (新規契約後に古い契約を解約)
3. docomoの端末を維持したまま、新たなにSoftbankのDesire HDを購入したい場合(新規ではなくMNP) 
番外. Desire HDは入手したいが、契約を必要としない場合 (MNP or 新規)

注意

以下のプランの計算では、ユニバーサルサービス料7円を無視しています。
また月々割は基本料には適用されないため、最低でも基本料は980円となります。(これは以下のシナリオごとの料金プランの計算に反映させてあります。)
「のりかえ割」というSoftbankのキャンペーンで他社から移行した場合は、以下の料金から7ヶ月間基本料金980円割引されます。
更に「ただとも」というSoftbankのキャンペーンで紹介などの条件を満たしたユーザーには、更に3ヶ月間基本料金980円が割引されます。
(のりかえ割、ただともは以下のシナリオごとの料金プランの計算に反映させていないため、10ヶ月間は更に980円の割引と考えてください。)
(学生の場合はホワイト学割を利用すると、以下のシナリオごとの料金プランで、基本料であるホワイトプランが無料になると考えてください。)

1. Softbank以外の携帯電話からSoftbankのDesire HDに移行する場合(MNP)


これは比較的簡単です。


購入店舗ですが、現在私が知っている情報の中では一部のドスパラの店舗が安値ではないかと思われます。
すべてのドスパラの店舗で割引が行われているわけではありませんので、必ずご来店予定の店舗のホームページで確認しましょう。
また電話で在庫の確認や当日の取り置きも行って貰うことができます。

購入
  • 購入プラン
    • MNP (転出手数料 docomo、au共に 2,100円)(契約事務手数料 Softbank 2,835円)
  • 購入店舗
  • 購入金額
  • 購入支出
    • 1935円
料金プラン

    • 購入方法 : スーパーボーナス一括払い (端末を一括で購入する必要があります。といっても0円ですw)
    • 基本料 : Wホワイトプラン 1960円(必要ない場合は当日に解約して、通常のホワイトプラン980円へ移行)
    • 使用料 : S!ベーシックパック 315円
    • 定額料 : パケットし放題S for スマートフォン 390円
    • オプション : 安心保証パック 498円 (必要ない場合は当日に解約)
    • 月々割 -980円(基本料には適用されない)
    • 毎月合計金額
    • 契約解除料 9,975円

    • 購入方法 : 新スーパーボーナス一括払い (端末を一括で購入する必要があります。といっても0円ですw)
    • 基本料 : Wホワイトプラン 1960円(必要ない場合は当日に解約して、通常のホワイトプラン980円へ移行)
    • 使用料 : S!ベーシックパック 315円
    • 定額料 : パケットし放題MAX for スマートフォン 3,985円〜5,985円
    • オプション : 安心保証パック 498円 (必要ない場合は当日に解約)
    • 月々割 -980円(基本料には適用されない)
    • 毎月合計金額
    • 契約解除料 9,975円


この2つの料金プランの選択の基準は、

  • 1. 3Gは使わずWiFi運用する予定である。
    • パケットし放題S for スマートフォン(こちらで使う場合は起動前にSIMを抜いちゃいましょう。)
  • 2. それ以外
購入手順

2. 既にSoftbankユーザーだけど、Desire HDに移行する場合 (新規契約後に古い契約を解約)


購入店舗ですが、現在私が知っている情報の中ではヨドバシカメラが安いという情報を得ています。

購入
料金プラン

料金プランは「1. Softbank以外の携帯電話からSoftbankのDesire HDに移行する場合(MNP)」と同じです。

購入手順
  • 1. 特に準備は必要ありません。購入店舗に向かいます。
  • 2. 上のプランに従い購入しましょう。
  • 3. 必要のない人は、My Softbankから、安心保証パックとWホワイトプランを解約しましょう。
  • 4. 古い回線を解約します。

また古い回線をDesire HDで利用して、新たに契約した回線を解約するという方法もありますが、私がこれについては詳しく知りません。
うかつに使うと料金プランの上限が適用されないこともあるので充分に気をつけてください。



3. docomoの端末を維持したまま、新たなにSoftbankのDesire HDを購入したい場合(新規ではなくMNP)


これは1の派生です。
通常現在のdocomo端末を維持したまま、SoftbankのDesireHDを購入しようとすると、新規契約となってしまいます。
しかし実はSoftbankにMNPで移行することができます。
その方法とは2in1という1つの契約で2つの電話番号を取得するサービスに申し込み、2つめの電話番号であるBナンバーのMNP予約番号を取得するという方法です。

2in1サービスですが、本来このサービスに対応していない機種でも契約することが可能です。
こうすることにより、元々のdocomo回線を維持しつつ、新たにMNPでSoftbankのDesire HDを購入することができます。
auでは2in1のようなサービスがないためこれを行うことはできません。

おまけ話(個人的にはこれがメイン)

またDesire HDでdocomoのSIMを他のdocomo端末と変わらない定額で利用することができるようになる可能性があります。
4/1から始まるdocomoのSIMカード単体の契約が始まります。
もしDesire HDがこれに対応するようなら新たに契約したSoftbankを解約し、既存のdocomoの契約を新たなSIMフリー用の契約(APNの書き換えだけ?)にすることで、Desire HD + docomoが利用できるようになります。これについては4/1移行確認次第記事にまとめたいと思います。

購入
料金プラン

料金プランは「1. Softbank以外の携帯電話からSoftbankのDesire HDに移行する場合(MNP)」と同じです。

購入手順
  • 1. docomoショップに行き2in1サービスを申し込みます。
  • 2. 自分の契約している携帯電話会社にBナンバーをMNPしたいと申し込みます。(2in1契約当日でもMNP可能です。)
  • 3. 申し込むとMNP予約番号を貰うことができますので、それをメモして購入店舗に向かいます。
  • 4. 上のプランに従い購入しましょう。
  • 5. 必要のない人は、My Softbankから、安心保証パックとWホワイトプランを解約しましょう。

番外. Desire HDは入手したいが、契約を必要としない場合 (MNP or 新規)


1.2.3の場合どれでもいいのですが購入して、解約すれば実現することができます。
しかし1.2.3で紹介した方法では、ホワイトプランを契約しているため 契約解除料9,975円かかってしまいます。
よって契約解除料の発生しないオレンジプランなどの契約が認められている店舗で購入する方が安くDesire HD端末のみを手に入れることができるかもしれません。

  • 1と3(MNP)の場合購入支出
    • 1,935円(購入支出)+9,975円(契約解除料)+約980円(初月の使用料) = 12,891円
  • 2(新規)の場合購入支出
    • 7,635円(購入支出)+9,975円(契約解除料)+約980円(初月の使用料) = 18,591円
まとめ

Let's 乞食!

広告を非表示にする