読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http proxy環境でkickstartを利用したネットワークインストール方法

社内ネットワークなどのhttp proxy環境でkickstartを利用したネットワークインストール方法の紹介です。

基本的には通常のネットワークインストールと同じですが、ネットワークインストール時にhttpアクセスが発生する2カ所で正しくproxyサーバを設定しなければいけません。

  • proxyオプション --proxy=[protocol://][username[:password]@]host[:port]

  • url
    ネットワークインストールするためのinstall.imgを取得するために必要となります。

  • repo
    パッケージインストール時にパッケージを取得するために必要となります。

kickstartファイル例

install
url --url=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.5/os/x86_64/ --proxy="http://proxy.example.co.jp:10080"
lang ja_JP..UTF-8
keyboard jp106
network --onboot yes --device eth0 --bootproto static --ip 192.168.1.123 --netmask 255.255.255.0 --gateway 192.168.1.1 --noipv6 --nameserver 192.168.1.3 --hostname server_name
# network --onboot yes --device eth0 --bootproto dhcp --noipv6 --hostname server_name
rootpw  --iscrypted パスワード
firewall --service=ssh
authconfig --enableshadow --passalgo=sha512
selinux --disabled
timezone Asia/Tokyo
bootloader --location=mbr --driveorder=vda --append="crashkernel=aauto"
repo --name="CentOS"  --baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.5/os/x86_64/ --proxy="http://proxy.example.co.jp:10080" --cost=100

%packages --nobase
@core
%end

私は上記のkickstartファイルをKVMで利用しています。

KVM環境にCentOS6.5をインストール(kickstart利用) - GeekなNooblog
http://geekna.hatenablog.jp/entry/2014/01/02/134333

広告を非表示にする