スノーボードのビス(ネジ)、ショートビスについて

スノーボードのビスは専用品としてネットで1000円くらいで売っていますが、わざわざ高価な専用品を買う必要はありません。 ホームセンターやネット通販で安価に購入することが可能です。

ビスの紹介

ビスの種類としては、「トラス頭 小ネジ サイズ M6 ピッチ1mm」が一般的なスノーボードで使われるものになります。 長さは一概には言えませんが、「 16mm」が一般的なビスで、「 15mm」が国産の板で利用することが多いショートビスになります。(長いものだと17mm,短いものだと14mmが最適な場合もあるようです) どちらを買えばいいかわからないという方は、安価ですので両方を買って試してみましょう。

購入

これらはホームセンターで1本30円 * 8で合計240円になります。ホームセンターに在庫がなかった場合には、工具通販モノタロウで「トラス頭小ネジ M6」と検索してみてください。

検索で一番上にヒットしたレビュー件数が多い「(+)トラス頭小ねじ(ステンレス)」を買いましょう。 2016/2/7(日)現在では32個入りで689円になります。専用品の8個入りより安いです。 材質としては、ステンレスと鉄の2種類が検索でヒットしますがスノーボードでは錆びにくいステンレスが一般的のようです。

他にも購入可能なサイトを見つけたので貼っておきます。 ステンレス SUS316L(A4)(+) トラス頭 小ねじ (全ねじ)

その他こだわりポイント

材質の違いによる重量の違い

より軽量な材質であるチタンのビスを使ってみると良いかもしれません。約半分の重量になります。(参考ステンレス1本5g, 8本で40g、チタン1本2.2g、8本で17.6g、22.4gの差になります) 大した差ではないですね・・・

緩み止め加工

ステンレス(+)トラス頭 小ねじ (全ねじ) (アロック加工・緩み止処理)

おまけ 詳細説明

条件の一致が必須な項目

スノーボードのビスは以下のスペックになります。

  • トラス頭(ネジの頭の部分の形状)
  • 小ネジ(ネジの種類)
  • M6(ネジの直径)
  • ピッチ 1mm(ネジの回すところのサイズ)

必須ではない項目

  • 長さ 15mm or 16mm(ネジの長さ) バインと板の組み合わせによる。
  • 材質 ステンレス、鉄、チタン(ネジの材質) 普通はステンレス、金があるならチタンでもよし
  • 緩み防止加工 アロック加工(ネジの止めるところの緩み防止の加工) 金があるならあロック加工してあるのでもよし
  • 表面加工 ? (錆び防止などのための加工) よくわからないけど色々ある模様
広告を非表示にする